AIvs弁理士~商標調査対決~に出演します。

2019年9月3日 火曜日

こんばんは。

弁理士の瀬戸麻希です。

10月10日18:30より東京の渋谷にて【AIvs弁理士~商標調査対決~】というイベントに出演させて頂けることになりました。

 

http://tokyocultureculture.com/event/general/28501

 

詳細のURLを添付しております。

絶対に優勝できるよう頑張りますので、皆様是非見に来て下さい。 

 

弁理士 瀬戸 麻希

セトマキ国際特許商標事務所移転のお知らせ

2019年8月30日 金曜日

こんにちは。

弁理士の瀬戸麻希です。

9月1日よりセトマキ国際特許商標事務所は大阪に移転をすることになりました。

 

新住所→

〒530-0012 大阪府 大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル16F 

 

阪急梅田駅の上のビルになりますので、梅田駅からのアクセスも大変良好です。

 

旧事務所(〒655-0894 兵庫県神戸市垂水区川原2-1-23-603)の方でも仕事をしますので、面談は梅田でも神戸でもどちらでも可能です。

勿論出張面談も無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

セトマキ国際特許商標事務所  

瀬戸麻希

 

WeChatでの相談

2019年7月13日 土曜日

 

こんにちは。

弁理士の瀬戸麻希です。

最近、クライアントの方とwechatでのやり取りが増えています。特に中国人のクライアントとのやり取りはほとんどwechatでやっております。時々、有用な情報などもwechat で投稿しています。いきなり問い合わせフォームや電話だと気が引ける方もいらっしゃると思います。

ですので、wechat で商標調査をはじめとする出願相談を受け付けております。

以下私のID になりますので、ご連絡頂けたらと思います。   瀬戸麻希

 

 

 

 

 

 

wxid_txaf6hadl4qt22

実用新案と意匠の違いって何?

2019年7月13日 土曜日

 

こんにちは。

弁理士の瀬戸麻希です。

 

最近、よく実用新案と意匠の違いについて質問を受けます。

 

意匠=物品のデザイン、見た目(物品の美的外観を保護するもの)

実用新案=技術のアイディア、中身(自然法則を利用した技術的思想の創作)

 

→超簡単に言うと意匠は見た目実用新案や特許はアイディアを保護するものといえます。

 

 

 

こちらのバイク全体のデザインは意匠として保護することができます。

シートクッションの部分の座りやすい形状は、そのアイディアを実用新案として保護することができるとができます。

 

費用としては、どこの特許事務所でも基本的には意匠の方が若干安くなるかと思います。

弊所ですと、

概算で意匠が約10万5千円、実用新案が約15万前後です。

 

どちらで保護すべきかわからないという場合でも、今後の販売戦略なども弊所でご相談して頂ければ的確なアドバイスができるかと思いますので、

まずはお気軽にご相談下さい。

 

 

中国で商標権を取得したい!字体はどうすればいいの?ひらがな?ローマ字??

2019年6月26日 水曜日

こんにちは。

 

弁理士の瀬戸麻希です。

 

最近中国への商標登録出願のご相談が多いのですが、字体をどうすべきかという相談を受けました。

 

 

中国では、ひらがなやカタカナのような中国人が識別出来ない文字による商標は、原則的に図形商標とみなされます。

通常ですと商標の類否判断では、外観、称呼、観念を考慮しますが、

図形商標とみなされるということは考慮されるのは商標の外観のみとなってしまいます。

つまり、ひらがなやカタカナで商標登録出願しても、称呼(呼び方)や観念(意味合い)には効力が及ばず、非常にせまーい権利となってしまいます。。。。

 

ですので、中国で文字商標として商標登録出願をしたいのであればひらがな、カタカナをその発音をベースにした中国語に翻訳して出願することが一般的となっております。

 

弊所では中国語への翻訳の提案も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

早急にAMAZONブランド登録がしたいのであれば、早期審査制度を利用すべきです

2019年6月19日 水曜日

 

こんにちは。

弁理士の瀬戸麻希です^^

 

最近AMAZONブランド登録についての記事を多く更新しておりますが、

以前

https://www.setomaki-patent.jp/blog/223.html

こちらの記事にてAMAZONブランド登録は商標権の「申請」をしていることではなく、

すでに商標権を「取得」していることが要件となります。

 

現在、商標登録出願をしてから商標登録されるまでに約1年近くかかります。

ですので、AMAZONブランド登録も商標権を取得した約1年後以降に申請することとなります。

 

しかし、早期審査制度を利用すれば約2-3ヶ月で商標権を取得することができます。

 

 

 

◎ 早期審査の対象となる出願

以下の(1)から(3)のいずれかに該当する商標登録出願が対象です。

対象(1)出願人(ライセンシー)が、出願商標を指定商品・指定役務に使用している又は使用の準備を相当程度進めていて、かつ、権利化について緊急性を要する出願

(図)早期審査の対象となる出願:対象(1)

対象(2):出願人(ライセンシー)が、出願商標を既に使用している商品・役務又は使用の準備を相当程度進めている商品・役務のみを指定している出願

※指定商品・指定役務の記載中に、証拠書類により出願商標の使用等が確認できない商品・役務が含まれている場合には、その商品・役務を削除する補正が必要となります。

(図)早期審査の対象となる出願:対象(2)

対象(3):出願人(ライセンシー)が、出願商標を指定商品・指定役務に既に使用している又は使用の準備を相当程度進めていて、かつ、「類似商品・役務審査基準」等に掲載されている商品・役務のみを指定している出願

 

(図)早期審査の対象となる出願:対象(3)

 

基本的には対象(2)か(3)に該当すると思います。

 

 

◎費用

特許庁への手数料はかかりません。

しかし弊所の手数料は10,000円となります。

 

ですので、商標登録出願と早期審査を両方とも行った場合は、

出願時手数料(10,000円)+早期審査手数料(10,000円)+登録時手数料(15,000円)で、手数料は合計で35,000円となります。

なお、区分が増えても弊所の手数料は変わりません。

 

早めにANAZONブランド登録がしたいのであれば、是非早期審査制度を利用しましょう!

(なお、早期審査は一定の条件がありますので、その点についてはご相談して頂けたらと思います)

 

AMAZONブランド登録は文字商標じゃないとダメなの?ロゴ、図形商標では登録されないの?

2019年6月16日 日曜日

 

◎先日、知人の弁理士と話していて
『Amazonブランド登録は文字商標でしか登録できないのか?最近Amazonブランド登録をしたいから標準文字で出してくれという相談をよく受ける』
と言っていました。
 

結論から申し上げますと

特許庁に登録された文字商標または文字商標と図形商標を組み合わせた形式の商標(俗にいうロゴ商標)もブランド登録の対象となります!!

 

確かに、昨年あたりまでは、AMAZONブランド登録の対象は特許庁で登録された標準文字商標だけでしたが、約1年前に登録要件が緩和されました。
よって現在はロゴ商標でも登録されますので、ご心配なくということです。

 

 

 

ここで登録の手順についてご紹介します。

◎AMAZONブランド登録の登録手順

 

次の3ステップが必要になります。

 

①資格要件の確認

②ブランド登録へのサインイン

③ブランド登録

 

 

下記の流れに沿ってAMAZONブランド登録を進めてます。

https://brandservices.amazon.co.jp/eligibility#

 

ホストクラブ、キャバクラ、スナック、バー、パブ等の水商売と商標登録について

2019年6月15日 土曜日

 

 

こんにちは。

 

弁理士の瀬戸麻希です。

 

時々ですが、ホストクラブ、キャバクラ、スナック、高級クラブ、サパークラブ、バー、パブをはじめとする水商売の方から商標登録の申請についてご相談を受けることがあります。

 

水商売といえば、私の中では「お水の花道」や「夜王」などのイメージです。

 

水商売、俗にいう夜のお仕事の方からしたら「商標登録」という言葉自体あまり聞きなれないかもしれません。

「商標」というもの自体自分には関係のないもの、縁のないものかと思われている方も多いかと思います。

 

 

しかし、キャバクラやホストクラブが有名店になった際、店名をマネされるかもしれません。

そのような場合に、商標登録をあらかじめしておくことで、店名の名称の使用の差止を容易に行うことができます。

 

実際に有名店になって店名をマネされて被害にあってからでは遅いので、

早い段階での商標登録をしておくことをオススメします。

 

なお、水商売の指定区分は43類「飲食物の提供」がメインになってくるかと思います。

 

 

 

 

 

ネットショップ開業における商標登録の重要性

2019年6月14日 金曜日

 

これからネットショップで商品を販売する方や、現在すでにネットショップを開業している方は、商標権を取得したほうがよいのかということについてですが、

個人的にはこれからネットショップを始めるかたは、特に商標登録をした方が良いと思います。

ネットショップの場合ですと代金を振り込んでも商品が届かなかったり、ニセモノが届くなどといったトラブルに巻き込まれることもあるため(私も昔アバクロのTシャツを買ったらやられました。。。)、信用性の低いネットショップから商品を購入しようとは思わないからです。そのため、ネットショップにおけるお客様からの業務上の信用はとても大切だと思います。facetofaceではないですからね。

ネットビジネスでは、人気の出てきたショップ名を模倣したり、人気の出てきたショップロゴやそれとよく似たロゴを付した粗悪品を流通させることが多く見受けられます。特に中国ではよくある話ですね。

この点、きちんと商標登録を行っておけば、何か起こってしまった際にも、容易に権利行使が可能となるので

商標登録はビジネスにおけるお守りのような存在ですね!

Yahoo! JAPAN知的財産権保護プログラムの利用について

2019年6月14日 金曜日

 

こんにちは。
弁理士の瀬戸麻希です。
 
最近、Amazonブランド登録についての記事をあげたところ、割と反響がありました。
 
 
今回は、Yahoo!Japan知的財産権保護プログラムについてご紹介したいと思います。
 
Yahoo!ショッピングに出店していたり、ヤフオク!で商品を販売したりして、人気商品がでてきたところで商標の相乗りをされるという話はよくあります。
 
 
そんなとき、Yahoo!ショッピングやヤフオク!では知的財産権を保護してくれないのか?
 
 
ということですが、
Yahoo!には、
Yahoo! JAPAN知的財産権保護プログラムという制度があります。
 
 
こちらにはプログラムAとプログラムBがあります。
「どちらのプログラムもヤフオク!やYahoo!ショッピングで権利が侵害された出品物を発見した場合に、権利者からの申告に基づき、Yahoo! JAPANが該当する違反出品物を削除するなどの措置を行う制度」とのことです。プログラムAの方は、権利侵害があった場合にその都度申告せねばならず、その都度証明書類などを送らなければなりません。
そのため、権利侵害への対処も遅れるとおもいます。
しかし、「プログラムB」は、事前に登録しておくと、権利が侵害されている出品物を発見した場合に、ウェブフォームで削除依頼の申告を行うことができるため事前登録しておけば、スムーズに削除依頼ができます。
しかし、登録にあたり事前審査が必要になります。
また、育成者権、著作権、パブリシティ権、商標権と保護される対象の権利が限られています。
プログラムBのハードルは登録されるハードルが高いですが、対象となる権利を商標権で申請すれば、比較的プログラムBの審査に通りやすくなるかと思われます。
(∵著作権等は、商標権と違い無方式主義であるため、著作権侵害が起こった場合であっても立証は容易でない)
 
 
そのような観点からも、
Yahoo!でネットビジネスをされている方は商標登録をした方がいいですね(*^^*)



Copyright(C) セトマキ国際特許商標事務所. All Rights Reserved.