弁理士に商標登録出願を依頼するメリット


 

 

こんにちは。

 

弁理士の瀬戸麻希です。

 

 

 

☆「弁理士に商標登録出願を依頼するメリット」について

 

今は自分でも商標登録出願を行うことはできるので、商標登録出願こ全体の約3分の1は自分で出願されているかと思います。

 

弁理士に依頼せずに個人で出願した方が、コストを安くおさえることができます(弁理士に支払う手数料がかからないため)。個人で出願する一番のメリットは、費用面ですね。

 

では、わざわざお金を払って弁理士にお願いするメリットは?

 

 

 

①弁理士が事前調査をしてくれるので、商標登録される可能性が高い!(出願費用が無駄になる可能性が低くなる)

 

Jplatpatで、出願予定の商標と似たような商標が登録されていないかどうかを調べることはできますが、個人では判断が難しい場合もあります。(出願予定の商標と似たような商標が登録されていなくても、他の理由によって登録が受けられないこともある。)

 

そのような点で、プロの弁理士にお願いすることで、登録されるか否かある程度の予測がつきますので、出願費用が無駄になる可能性が低くなります。

 

 

 

②適切な指定区分を選んでもらうことができる

 

商標登録出願では、どのような商品や役務にその商標を使うか、「指定区分」を選ぶ必要があります。

 

適切な「指定区分」を選ぶことが難しいケースもあります。

 

しかし、適切な「指定区分」を選ばないと、特許庁が審査に通してくれない可能性もあります。

 

そのような点で、弁理士に依頼した場合は適切な「指定区分」を選んでもらえるというメリットがあります。

 

 

 

③意見書や補正書などの「中間処理」対応を弁理士に行ってもらうことで、めんどーな手間が省け、さらに商標登録を受けられる可能性が高まる

 

商標登録出願をして、そのままストレートに審査に合格すればラッキーなのですが、

 

特許庁から「このままでは審査に通しませんよー」という通知がくることがあります。

 

この特許庁からの通知に個人で対応することは非常に難しいと思います。かかる場合、最終的に特許庁の審査に合格できず、出願費用が無駄になる可能性があります。

 

しかも「中間処理」対応は非常に面倒くさいです。

 

しかしプロの弁理士にお願いすると、「中間処理」に対応してくれるので、結果として商標登録の可能性が高まる。

 

これが弁理士にお願いする最大のメリットではないかと私は思います。

 

 

 

 

 

わざわざ費用をかけてまで、弁理士にお願いするメリットはそれなりにありますね。


コメントをどうぞ

CAPTCHA





Copyright(C) セトマキ国際特許商標事務所. All Rights Reserved.