Yahoo! JAPAN知的財産権保護プログラムの利用について


 

こんにちは。
弁理士の瀬戸麻希です。
 
最近、Amazonブランド登録についての記事をあげたところ、割と反響がありました。
 
 
今回は、Yahoo!Japan知的財産権保護プログラムについてご紹介したいと思います。
 
Yahoo!ショッピングに出店していたり、ヤフオク!で商品を販売したりして、人気商品がでてきたところで商標の相乗りをされるという話はよくあります。
 
 
そんなとき、Yahoo!ショッピングやヤフオク!では知的財産権を保護してくれないのか?
 
 
ということですが、
Yahoo!には、
Yahoo! JAPAN知的財産権保護プログラムという制度があります。
 
Yahoo! JAPAN知的財産権保護プログラム
 
こちらにはプログラムAとプログラムBがあります。
「どちらのプログラムもヤフオク!やYahoo!ショッピングで権利が侵害された出品物を発見した場合に、権利者からの申告に基づき、Yahoo! JAPANが該当する違反出品物を削除するなどの措置を行う制度」とのことです。プログラムAの方は、権利侵害があった場合にその都度申告せねばならず、その都度証明書類などを送らなければなりません。
そのため、権利侵害への対処も遅れるとおもいます。
しかし、「プログラムB」は、事前に登録しておくと、権利が侵害されている出品物を発見した場合に、ウェブフォームで削除依頼の申告を行うことができるため事前登録しておけば、スムーズに削除依頼ができます。
しかし、登録にあたり事前審査が必要になります。
また、育成者権、著作権、パブリシティ権、商標権と保護される対象の権利が限られています。
プログラムBのハードルは登録されるハードルが高いですが、対象となる権利を商標権で申請すれば、比較的プログラムBの審査に通りやすくなるかと思われます。
(∵著作権等は、商標権と違い無方式主義であるため、著作権侵害が起こった場合であっても立証は容易でない)
 
 
そのような観点からも、
Yahoo!でネットビジネスをされている方は商標登録をした方がいいですね(*^^*)

コメントをどうぞ

CAPTCHA





Copyright(C) セトマキ国際特許商標事務所. All Rights Reserved.